国内旅行

神域感が凄い!北口本宮富士浅間神社

みなさん。こんばんは。

先月、お盆休み期間を利用して日帰りで山梨へ行ってきました。

目的は、御朱印巡りです。

あの戦国の名将武田信玄公の戦勝祈願したと言われる北口本宮富士浅間神社について書かせて頂きました。

北口本宮富士浅間神社について

由緒

西暦110年に、日本神話最大の英雄日本武尊をお祀りし、この地に創建されました。

日本人が愛してやまない霊峰富士ですが、かつては幾多の噴火を起こし、大きな被害をもたらしました。

これを神の怒りと考えた昔の人々は、神の怒りを収める為に各地に浅間神社を建立しました。浅間神社と名がついている神社は、このような山岳信仰に由来します。

拝殿、本殿、随神門いずれも国の重要文化財に指定されております。

こちらの神楽殿も国の重要文化財です
拝殿

アクセス

電車:中央線大月駅から富士急行線へ。富士山駅から徒歩20分

車:【東京方面より】
 中央道 河口湖IC(R139経由)より約3km,右手

 【神奈川・三島方面より】
 東名 御殿場IC→東富士五湖道路 富士吉田IC(R139経由)より約3km
 右手 山中湖・忍野IC(R138経由)より約6.5km左手

*神社ホームページ参照

神社境内に無料の駐車場が7つもあるので、車で来られた方がいいかも知れません。

お盆休みの午前中に訪問しましたが、駐車場が満杯にはなってませんでした。

日本最大の大鳥居

日本最大の木造鳥居

参道をまっすぐ進むと大きな鳥居に出くわします。

こちらは木造としては日本最大の鳥居だそうです。あの厳島神社の海中鳥居よりも大きいだとか。

鳥居の奥に見えるのが随神門です。随神門を抜けると、目の前に神楽殿が現れます。

境内の様子

参道は太い幹の杉と歴史を感じさせる灯篭がズラリと並んでます。

参道に足を踏み入れた途端、その厳粛な雰囲気に思わず息をのみます。

なぜか、自分の体も清々しい気分になれます。樹齢100年以上の木々から放たれる気がそうさせるのかもしれません。

灯篭に付着した苔が歴史を感じさせますね
拝殿の横にそびえ立つ樹齢1000年の富士太郎杉
国の重要文化財の本殿を横から撮影
こちらも国の重要文化財「西宮本殿」です
お祭りで使われる神輿。立派です。

まとめ

みなさん。いかがでしたでしょうか?

この記事から少しでも北口本宮浅間神社の神聖さが伝われば幸いです。

実際に訪れると、その荘厳な境内の雰囲気やエネルギーみなぎる杜に圧倒されるハズです。

富士急ハイランド、河口湖や山中湖からも近いので、ついでに足を延ばすような形でも訪問出来ますよ。

それでは、みなさん!

またお会いしましょう!

駅前留学のNOVA まずは体験レッスン!
ABOUT ME
雑草@タイチッチ
東京出身・東京在住の会社員。 新卒で超絶ブラック企業→3年で退職→1ヶ月ほどヨーロッパをバックパックで周遊→帰国するもなかなか就職出来ず→小さな貿易商社に就職→某メーカーに転職し、現在に至る。 現職では、いわゆる海外営業&貿易実務をしております。 かつて英語や海外が嫌いでした。 そんな私が今は海外や英語が好きで、それ無しでは生きられないような状態になりました。 目下、NYC等好きな都市への移住を画策中。 このブログでは、そんな私の足跡や英語学習の記録をメインに投稿していきたいと思います。 その他、旅行先や映画などの話題も投稿します。