英語学習

I decided who I am

みなさん。こんにちは。

大分、久しぶりの投稿になりましたwwww

今日は、私が心を打たれた英語フレーズを紹介したいと思います。

それはタイトルにあります。

I decided who I am (自分が何者であるか自分で決める)

です。

2018年に公開され大ヒットした映画「ボヘミアン・ラプソディ」で、主人公のフレディ・マーキュリーが物語の終盤に発したセリフです。

ちょっとネタバレになってしまいますが、彼が自分がエイズに感染している事を知り、それを仲間たちに告白するシーンでこの言葉が使われました。

当時、ゲイでエイズ感染者という立場は、想像を絶する葛藤や苦しむがあったと思われます。

そんな苦しみの中でも、最後に自分自身が何者であるかを悟り、人生に一筋の光を見出した心打たれるシーンとセリフです。

ある意味吹っ切れた状態なのでしょう。自分が生きたいように決め、それを貫くめっちゃカッコいいですね。

実際、この後に彼史上最高に輝く瞬間が訪れます。

余談ですが、私はこの映画2回観に行きました。

皆さんもご興味があれば、ご鑑賞下さい。

それでは、今日はここまでです。

またお会いしましょう!

ABOUT ME
雑草@タイチッチ
東京出身・東京在住の会社員。 新卒で超絶ブラック企業→3年で退職→1ヶ月ほどヨーロッパをバックパックで周遊→帰国するもなかなか就職出来ず→小さな貿易商社に就職→某メーカーに転職し、現在に至る。 現職では、いわゆる海外営業&貿易実務をしております。 かつて英語や海外が嫌いでした。 そんな私が今は海外や英語が好きで、それ無しでは生きられないような状態になりました。 目下、NYC等好きな都市への移住を画策中。 このブログでは、そんな私の足跡や英語学習の記録をメインに投稿していきたいと思います。 その他、旅行先や映画などの話題も投稿します。