仕事

在宅勤務のメリット・デメリット

こんにちは。

昨今のコロナウイルスの影響もあり、在宅勤務をされる方も増えてきたかと思います。

実際、私の会社も在宅勤務や時差出勤を奨励するようになり、同僚や上司も週2、3のペースで在宅勤務をするようになりました。

かく言う私はと言いますと、時差出勤(早出出勤)をしております。

私の勤めている会社では、在宅勤務をするには、セキュリティの関係上、家のパソコンがWindows10でなければなりません。

私は家のパソコンはMacBook Proの為、現状では在宅勤務は出来ない状況です。来月、会社の方でWindows10のノートPCに買い換えてくれるので、来月から私も在宅勤務が可能になります。

そこで、すでに在宅勤務経験済みの同僚の話などを踏まえながら、在宅勤務のメリットとデメリットについて考えてみました。

在宅勤務のメリット

私が思うに在宅勤務のメリットは主に3つあるかと思います。

  • 通勤時間の削減
  • 睡眠時間の確保
  • 気分的にラク

通勤時間の削減

まずはこれでしょう。

何と言っても、通勤にかかる時間を削減する事が可能です。

多くの方は、家から会社まで、片道約1時間かけて通勤されているかと思います。

往復で、1日あたり2時間削減出来るのですから、これは大きいですよね。簡単なビジネス書や自己啓発本あれば、2時間あれば読み終える事が出来ます。

時間を有効に使えるので、今まで勉強したいけど”なかなか時間が取れない”と嘆(なげいて)いてた方も勉強の時間を確保出来るのではないでしょうか。

睡眠時間の確保

例えば、普段9時出勤の人であれば、起きてから歯を磨く時間を入れても、8:40くらいに起きれば十分仕事開始までに間に合いますよね。

遅くまで寝ていられると言う事は、夜も多少夜更かししても多少は大丈夫という安心感を得る事が出来るのではないのでしょうか。

それと同様に6時にきっかりに仕事を終える事が出来れば、もう既に家にいますので、そのまま料理の支度や遊びに行けたりします。普段は、なかなか見れない夕方の情報番組も見れますね。

気分的にラク

朝や夜の満員電車を回避出来るという点で、精神的にもだいぶ楽なのではないでしょうか。

時間を有効に使えるという事が、多少なりとも心に余裕が生まれるはずです。

在宅勤務のデメリット

一方、デメリットの方ですが、こちらは私が思うに4つあるかと思います。

  • 社会との接点がなくなる
  • 電気代・電話代がかかる
  • メリハリがなくなる
  • 書類作業が多い時はやり難い

社会との接点がなくなる

よく言われる事ですが、在宅勤務ですとずっと家にいる事になりますので、社会との繋がりが薄れる可能性は確かにありますね。

私は、都心へ通勤しているのですが、仕事帰りに都心をぷらぷらするのが好きで、そのまま買い物をしたりします。都心の街を歩いていると、若くて可愛い子も多いので、それだけで若干テンションが上がったりします。

いやー都心部に行くと若くて可愛い子が多いからね。それだけでも、わざわざ出勤するメリットを感じるよー。

・・・・・・・・

普段仕事上がりに、都心で飲み行ったり買い物したりするのが好きな人には、ずっと在宅勤務は少々シンドイかもしれませんね。

電気代・電話代がかかる

夏場の暑い時や冬場の寒い時は、当然冷暖房を使用しますよね。

オフィスで仕事している間は、自宅の冷暖房は使用しませんので、この間の電気代は発生しません。でも、自宅で仕事となりますと1日中冷暖房を入れっぱなしという日も出てきます。

そうしますと、電気代はいつもより余計に発生してしまうというデメリットがあるかと思います。

また、自分の電話からお客様や会社の人に電話する事にもなりますので、下手をすると電話代も余計にかかる可能性も出てきます。

私の勤めている会社では在宅勤務者に携帯電話を支給しますので、幸いうちの会社では大きな問題にはなりませんが、他の会社ですとそのような問題も出てくるかと思います。

メリハリがなくなる

在宅勤務時に、特段テレビ会議などがない場合、自分の顔や格好を会社の人や顧客に見られる可能性はありません。

そんな時は、髭ぼうぼうで、パジャマ姿で仕事しても問題ないので、自分はそのように過ごしてしまう可能性大です。笑

休みの日に、ずっと家で仕事するような感覚でしょうか。

書類作業が多い時はやりにくい

チェックしなければならない書類が多い時は、在宅勤務は難しいと思います。

PDFなどパソコン上で、確認出来なくはないですが、ちゃんと紙にプリントアウトした書類でチェックをしないと、どうしても間違いが発生する可能性が高くなると考えられます。

かと言って、会社の重要書類を家に持ち帰る訳にもいきませんので、書類作業がたまっている時は難しいかなと思いますね。

まとめ

以上、私なりに在宅勤務のメリットとデメリットについて考えてみました。

私は独身の一人暮らしなので、普段家に家族がいる方とは違った視点・考え方になるかと思いますが、その点はご了承下さい。

個人的は、「週1、2回は在宅勤務で、あとは会社で仕事」が現実的にベストな方法なのかなと感じました。

オフィスワークされている方と言っても、色々な職種があるので、一概には言えませんが、毎日在宅勤務は難しいかなと思います。

ABOUT ME
雑草@タイチッチ
東京出身・東京在住の会社員。 新卒で超絶ブラック企業→3年で退職→1ヶ月ほどヨーロッパをバックパックで周遊→帰国するもなかなか就職出来ず→小さな貿易商社に就職→某メーカーに転職し、現在に至る。 現職では、いわゆる海外営業&貿易実務をしております。 かつて英語や海外が嫌いでした。 そんな私が今は海外や英語が好きで、それ無しでは生きられないような状態になりました。 目下、NYC等好きな都市への移住を画策中。 このブログでは、そんな私の足跡や英語学習の記録をメインに投稿していきたいと思います。 その他、旅行先や映画などの話題も投稿します。