書籍紹介

普段小説を読まない僕が勧める海外ミステリー小説

みなさん。こんにちは。

世間は4連休の真っ最中ですが、いかがお過ごしでしょうか?

コロナの影響もあり、東京都からは外出自粛要請が出ている関係上、家に居ようかなと思ってます。

外出出来ず暇な日々をお過ごしの方に、今日は”普段、全く小説を読まない”ボクがオススメする海外ミステリー小説をご紹介したいと思います。

選出した作品のポイントとしては以下の通りです。

選出したポイント
  • テンポよく読みやすい
  • 大どんでん返し有り
  • 想像の不可能の結末
  • 読み終えるのにそんなに時間がかからない

それではいきましょう!

StockSnapによるPixabayからの画像

その女アレックス

フランスのミステリー小説です。

物語の冒頭で主人公アレックスは、とある男に誘拐・監禁され、檻の中に入れられます。

そこから決死の脱出を試み…。

と言った流れで物語が進んでいきます。

とにかくテンポよく物語が良く、読みやすいです。そして、冒頭の話からでは全く想像のつかない展開が待ち受けてます。

「ええ!??」という衝撃を今でも覚えてますし、寝る間を惜しんで読みました。

本作は、「週刊文春2014年ミステリーベスト10」堂々1位! 「ミステリが読みたい! 」「IN POCKET文庫翻訳ミステリー」でも1位。イギリス推理作家協会賞も受賞しております。

数々の賞を総ナメにしたのも納得です。

ブルックリンの少女

「その女アレックス」と同じくフランスのミステリー小説です。

フランスで大ベストセラーとなった作品で、著者のギヨーム・ミュッソは本国フランスで最も人気のある作家の一人だそうです。

主人公ラファエルは婚約者アンナと共に休暇を過ごしてました。その際、アンナに彼女の過去を執拗に問い詰めると、観念した彼女が一枚の衝撃的な写真をラファエルに見せます。

その後、アンナは突然の失踪。

ラファエルは友人の元警部と共に彼女を探します。調査を進めるうちに、過去に起きたとある事件と彼女との関連性が浮上し…。

という流れで物語が進みます。

これまた、想像のつかない展開に驚かされました。

最後まで読み応えがあり、引き込まれます。

ただ、ちょっと悲しくなるというか重い一面もあり、自分は完全に「スカッとした」という感じではなかったです。

婚約者のアンナは黒人と白人との混血児との事なので、もしハリウッドで映画化されたらメーガン妃が演じるのかなと勝手に想像しました。笑

天使と悪魔

「ダ・ヴィンチ・コード」で有名なラングドン・シリーズの第一作です。

個人的には、翻訳の文体が好きで、めっちゃ読みやすいです。

そのため、本シリーズは全部読んでおります。

「ダ・ヴィンチ・コード」より面白く、このシリーズで本作を超える作品は未だに出てません。

映画のシリーズ物も最初の作品が一番面白いと言われますが、小説も同じなんでしょうかね。

「ダ・ヴィンチ・コード」と同じくハリウッドで映画化もされました。

ただ、「映画で見たし、小説はいいや」というそこの貴方!

ちょっと、待ってください!

映画と小説では全く内容が異なります。

本作品の一番大事なところが、映画では描かれませんでした。そのため、映画と小説は別作品と言っていいくらい違います。

映画を見た人ほど、小説の方を読んで欲しいなと思います。

そしてミランダを殺す

邦題が結構インパクトのありますね。

原題は「The Kind Worth Killing」(殺されて当然の者たち)なので、良い邦題を考えたなと思いました。読み終えると原題の意味もなるほどなと思えます。

実業家のテッドは空港のバーで見知らぬ美女リリーに出会う。彼は酔った勢いで、妻ミランダの浮気を知ったことを話し「妻を殺したい」と言ってしまう。リリーはミランダは殺されて当然だと断言し協力を申し出る。だが殺人計画が具体化され決行日が近づいたとき、予想外の事件が…。

本の裏面より

登場人物毎の語り口で物語は進んでいきます。

途中で「???」「えっ?どうなってるの?」という展開になり、そこから止まらなくなります。

物語が二転三転し、最後のオチで「おお!!」という気分になります。

オススメです。

まとめ

みなさん。いかがでしたでしょうか?

普段、私はビジネス書ばかりで小説を読まないのですが、そんな私がハマった海外ミステリー小説を紹介させて頂きました。

少しでも興味をそそられる作品があれば幸いです。

それでは、またお会いしましょう!

ABOUT ME
雑草@タイチッチ
東京出身・東京在住の会社員。 新卒で超絶ブラック企業→3年で退職→1ヶ月ほどヨーロッパをバックパックで周遊→帰国するもなかなか就職出来ず→小さな貿易商社に就職→某メーカーに転職し、現在に至る。 現職では、いわゆる海外営業&貿易実務をしております。 かつて英語や海外が嫌いでした。 そんな私が今は海外や英語が好きで、それ無しでは生きられないような状態になりました。 目下、NYC等好きな都市への移住を画策中。 このブログでは、そんな私の足跡や英語学習の記録をメインに投稿していきたいと思います。 その他、旅行先や映画などの話題も投稿します。