TOEIC

TOEICテスト 新形式精選模試リスニング Test2 結果

こんばんは。「TOEICテスト 新形式精選模試リスニング 」のTest2を解いてみました。

今回の投稿は、その結果報告とさせて頂きます。

ちなみに下記が、本テキストのリンクになります。

結果発表

やろうやろうと思っても、なかなかトライする機会もなく、ただ時間だけが過ぎてしまいました。自分の怠け者ぶりに自分でも嫌気が差しますね。。。

何とか、やる気をふりしぼり、ついつい観てしまうYouTubeなどの欲を断ち切り、本書に5つある模試(リスニングパート)の2番目の模試を解きました。

結果は100問中正解は69問という結果に終わりました。

付録の予想スコア換算表に照らし合わせますと、365点という結果です。

800超えを目標としている私からしたら、かなり厳しい結果になったと言わざるおえません。

リスニングで420点ほど稼いで、リーディングで380点を取って、800超えという私のシナリオに黄色信号が灯りました。

いや、黄色信号どころではなく、もはや赤信号です。

ただ、やたら悲観的になっても致し方ないので、今回の模試で新たに学んだ単語・イディオムをしっかりと吸収して、次回のTest 3の挑みたいと思います。

今回学んだ英単語・イディオム

Set out

「〜を並べる、展示する」

Persuasive

「説得力のある」

Grab

「〜をつかみ取る、入手する」

何かをさっとつかむイメージとして使われるようです。

Grab a chance 好機を捉える

Grab lunch 素早く昼食をとる

という表現もあります。

be about to do

「まさに〜しようとして」

on one’s way out

「出る途中で」

Wrap up

「(会議などを)終える」

Sort of

「ある程度」

Calorie

「カロリー」

恥ずかしながら、文字からカロリーと認識出来ませんでした。

Carbohydrate

「糖質、炭水化物」

Throughout

「〜の間じゅう」

Culinary

「料理の」

On top of that

「そのうえに」

Out of the question

「論外の、まったく不可能な」

Privilege

「名誉、光栄」

Panel

「審査員団」

In a class of one’s own

「ほかに類を見ないほど優れている」

Marvel

「驚異」

Up close

「間近で」

まとめ

こうやってみると、知らない単語や慣用句が意外なほど多かった事に驚かされますね。

そもそも、知らないのだから、聞き取れる訳がないですよね。

単語習得にコツコツと精を出そうと思います。

ただ、その単語を覚える作業が、ドラクエのレベル上げと同じで、かなりしんどいんですよね。泣

ABOUT ME
雑草@タイチッチ
東京出身・東京在住の会社員。 新卒で超絶ブラック企業→3年で退職→1ヶ月ほどヨーロッパをバックパックで周遊→帰国するもなかなか就職出来ず→小さな貿易商社に就職→某メーカーに転職し、現在に至る。 現職では、いわゆる海外営業&貿易実務をしております。 かつて英語や海外が嫌いでした。 そんな私が今は海外や英語が好きで、それ無しでは生きられないような状態になりました。 目下、NYC等好きな都市への移住を画策中。 このブログでは、そんな私の足跡や英語学習の記録をメインに投稿していきたいと思います。 その他、旅行先や映画などの話題も投稿します。