人生

学生時代にやっておけばよかったことリスト〜若い君へ〜

みなさん。こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか?

早いもので、私も30代も半ばになりました。

これまでの人生を振り返ってみると、「ああすればよかった」「こうすればよかった」と後悔リストが増えてきている感じがします。

しかし、今はそれを「後悔」「失敗」と捉えるかもしれませんが、そんな苦い経験も自分が理想とする人生を歩むために必要な「糧」だったんだと、いつかそう思えるようになりたいですね。

話は逸れましたが、そんな私の今までの人生を振り返り、今大学生に戻ったら、これは卒業までにやっておきたい!と思う事をリストアップしてみました。

もし、現役の大学生さんや高校生の方がこの記事をお読みであれば、少しでも参考になれば幸いです。

余談ですが、出身大学に関係なく、学生時代にスキルアップさせ、社会人になってからも資格取得など自分の価値を高める努力を怠らなければ人生を逆転させる事は出来ます!←これは断言出来ます。

私も、TOEICのスコアアップと真面目に仕事に取り組んできたお陰で、ブラック零細企業からホワイト企業へ転職する事が出来ましたよ。

学生時代にやっておくべきだったなと思うリスト

TotumRevolutumによるPixabayからの画像
リストまとめ
  1. 留学
  2. 会計知識の習得
  3. マネーリテラシー
  4. 恋愛
  5. ITスキル
  6. ビジネス書を読む
  7. 国内ひとり旅

留学

「学生時代の後悔アンケート」があれば、必ず上位に入ってくる留学です。

私も海外が好きなクセに留学はしませんでした。

今思えば、留学やワーホリでもしておけば良かったなととても後悔しております。

留学では、単に語学力の向上だけでなく、そこに生きる人々の価値観や生活様式を学べる事が出来ます。

また、現地で友人も出来るでしょう。

それらの経験があなたの人生に与えるインパクトは計り知れません。

きっと、人生のおける大きな財産になる事でしょう。

私も、日本在住のままではありますが外国人の友人が出来き、自分の人生にとてもポジティブな影響をもたらしました。

個人的には、1ヶ月の短期留学よりは最低でも3ヶ月以上の中長期留学をオススメします。

1ヶ月の留学では、そこまで語学力の向上は見込めないと思いますので。

会計知識の習得

「会計知識の習得」というと、公認会計士や税理士の資格を目指せ!と聞こえるかもしれませんが、そこまでではありません。

ただ、簿記の知識・資格があれば、就職活動で大きな武器となります。

また、将来的に起業したいと考えている方も簿記知識は必須です。

かく言う私も、最近になって会計スキルの大事さに気づき、簿記の勉強を始めました。

ビジネスパーソンとして生きる上で、必要な知識ばかりです。

英語と簿記の資格があれば、スキルの相乗効果を生み出し、あなたの資産価値を大きく上昇させてくれます。

マネーリテラシー

生きていく上で、お金との付き合い方は大事になってきます。

私も学生の頃は、あまりそんな事を気にしませんでしたが、歳を重ねてマネーリテラシーの重要性に気づきました。

「経済的自由」「精神的自由」を得られれば、「それはほぼイコール幸せ」ですよね。

人生とは、幸せを追い求める旅なのかなと最近思うようになりました。

「経済的自由」と「精神的自由」は幸せな人生を歩む上で、必要不可欠です。

是非、学生時代に学んでおきましょう。

定番ですが、とりあえずは「金持ち父さん 貧乏父さん」は是非読んでおきましょう!

また、両学長という方のYouTubeチャンネルもオススメです。

恋愛

これは私の苦手な分野ではありますが。。。笑

社会人になってからの恋愛は、結婚を意識した恋愛になります。

そのため、女性であれば、相手の年収などを考慮に入れる等のフィルターがかかってしまいます。

そんな事を気にせず、甘酸っぱい恋愛が出来るのも学生のうちだけです。

そして、社会人になると一気に異性との出会いの場も減ります。

失敗しても良いから、学生時代は恋愛を頑張りましょう。

自分は失敗を恐れていたし、カッコつけて硬派を気取ってました。そのため、学生時代はほとんど恋愛しなかったです。

今更悔いてもしょうがないですが。。。

英語・会計スキルは社会人になってからでも、ある程度は習得する事は出来るかと思いますが、「学生時代の恋愛」と言うのは、その時が過ぎれば、もう永遠に経験する事は出来ませんから。。。

【最短最速で100点アップ!】アルクのTOEIC(R) TEST 完全攻略シリーズ

ITスキル

「英語」「会計」「ITスキル」は、現代ビジネスパーソンにとって、三種の神器と言われております。

私も、社会人生活10年以上を経験して、その通りだなと常々思います。

「英語プラス会計」もしくは「英語プラスIT」のスキルがあれば、活躍の場が世界中に広がります。

「会計」も「ITスキル」も、学生時代に疎かにしていた事を悔やんでおります。

ITスキルが高ければ、多少語学力で劣っていても、海外で働くチャンスが高まります。

ビジネス書

学生時代は、政治や歴史系の本は読んでましたが、ビジネス書には全く手をつけてませんでした。

ビジネス書読まずして、成長無し!と断言出来ます。

もちろん、政治や歴史の本も大事ですが、時間のある学生時代にこそ、ビジネス書や自己啓発本もたくさん読んで、知識を蓄えましょう。

ビジネス書をたくさん読む事で、自分のやりたい事やそのために必要な事もボンヤリと見えてくるハズです。

国内ひとり旅

学生時代は、時間がたっぷりありますので、時間をかけて日本周遊の旅に出るのもありかなと思います。

今学生に戻れるなら、青春18きっぷで日本周遊の旅に出てますね。

(コロナはないと仮定して)

日本は地域によって、方言や名産品などの特色の違いが鮮明です。

それらを楽しめるのが、日本周遊醍醐味ですね。

地方でも、ホステルに宿泊すると外国人観光客との出会いもあるので、日本にいながら国際交流を楽しめますよ。

まとめ

みなさん。いかがでしたでしょうか?

今日は、学生時代にやっておくべきだったなと思った事を列挙してみました。

私も人生まだまだです。

死ぬ間際の後悔リストが、少しでも少なくなるように今後の人生を歩んでいきたいと思ってます。

それでは、みなさん!また、お会いしましょう!

ABOUT ME
雑草@タイチッチ
東京出身・東京在住の会社員。 新卒で超絶ブラック企業→3年で退職→1ヶ月ほどヨーロッパをバックパックで周遊→帰国するもなかなか就職出来ず→小さな貿易商社に就職→某メーカーに転職し、現在に至る。 現職では、いわゆる海外営業&貿易実務をしております。 かつて英語や海外が嫌いでした。 そんな私が今は海外や英語が好きで、それ無しでは生きられないような状態になりました。 目下、NYC等好きな都市への移住を画策中。 このブログでは、そんな私の足跡や英語学習の記録をメインに投稿していきたいと思います。 その他、旅行先や映画などの話題も投稿します。